専門的な技術を活かした仕事の探し方について

転職のやり方

職を転じること

ひとつのところに、腰を据えなければいけないということはありません。侍がどこかのお殿様の家来であるしかなかった江戸時代じゃあるまいし、今ではもっと柔軟に働くことが認められています。
ある会社に入ったからといって、その場で一生を過ごさなければならないと決まっているわけではないのです。就職は、座席指定券を買うことを意味するものではないのです。
だからこそ、「転職」ということが行われているのです。職を転じること。転職する人は、職を変えたり、職場を変えたりします。
思いきってこれまでとは違う業種にチャレンジする人もいれば、同じ業界の中で職場を変えるという人もいるわけです。

たとえば、編集という仕事でもそれは同じです。
本を出す出版の業界の中でも、編集の仕事は花形と目されています。その世界に飛び込む人、その世界の中で、生きる場所を変える人……そんな「転職者」たちがいるのです。

編集者の転職

本を作る出版の業界では、特に技術力の高さ、知識の深さが重要な条件のひとつとなります。
もちろん、学校を卒業したばかりの新社会人たちは初めて知識と技術を注入されることになるわけですが、転職の場合は別です。
編集の仕事にノータッチで生きてきた人が、転職先として選ぶことが出来る職場がゼロであるというわけではありませんし、実際、転職サイトでも未経験者を受け入れ可としているところが皆無であるというわけではありません。
しかし、多くの会社が、「経験者歓迎」という条件を求人情報に付しているのです。高いスキルを持った人が、さらなる高みを求めて転職をする……出版編集の世界とは、そういうところなのです。